化粧水、美容液、乳液、クリームの違い!塗る順番にも決まりがある

化粧水、美容液、乳液、クリームの違い!塗る順番にも決まりがある

何かしらの美容アイテムも適当に顔に塗る。

このようにほとんどの方がそれぞれのアイテムの役割をしっかりと把握せずに美容ケアをしている傾向があります。

ですが化粧水美容液乳液クリームにはそれぞれの役割があるのです。

そしてその役割が違えば塗る順番も間違ってきます。

本記事では化粧水、美容液、乳液、クリームの違いと効果的な美容ケアをするための塗る順番について解説しています。

 

化粧水の主な役割と効果

tigai2 化粧水、美容液、乳液、クリームの違い!塗る順番にも決まりがある

とりあえず化粧水を塗っておけばよいという感じで、毎日化粧水を塗っている方が非常に多いですね。

たしかに、化粧水は使い方次第で万能に働くこともありますし、逆効果になってしまうこともあります。

化粧水の役割としては、主に保湿の役割を担っています。

そして肌に水分を与えることにより、乳液やクリームの効果をさらに高めることができるのです。
これについては後述。

MEMO

化粧水は「保湿と基礎」の役割があると覚えておいてください。

ただし、保湿するにはセラミドという成分が必要となります。
セラミドは肌の隙間を綺麗に埋めることができる成分で水分の蒸発を防ぐことができるからです。

tigai2 化粧水、美容液、乳液、クリームの違い!塗る順番にも決まりがある

つまり、セラミドは「フタ」という事。

逆にセラミドがない化粧水では、いくら水分を与えてもすぐに蒸発してしまうので意味がありません。

また、美白化粧水やエイジング化粧水など化粧水にも様々な種類がありますが、たとえば美白化粧水であれば保湿を軸として美白ケアもできるということになりますね。

 

美容液の主な役割と効果

tigai2 化粧水、美容液、乳液、クリームの違い!塗る順番にも決まりがある

美容液はその名の通り美容成分を肌に与えることを主とした液。

ですから、美容液と一言で言っても様々な種類があるのです。

たとえば美白美容液であれば美白に特化した成分を含んでいる美容液。
シワ専用美容液であれば、シワに対する効果を発揮する成分を含んでいる液。
このようになります。

正直言えば、美容液はなくても肌の状態が悪くなるわけではないので、必須アイテムという事ではありません。

重要

ただし美容液を使用する事で、格段に肌に与える美容成分が多くなるので、調子は抜群に上がります。

保湿メインであればさほど美容液は必要ありませんが、美肌を追求するのであれば持っておきたいアイテム

 

乳液の主な役割と効果

tigai2 化粧水、美容液、乳液、クリームの違い!塗る順番にも決まりがある

化粧水は保湿、美容液は美肌成分を与える。
乳液の場合は油分が多いので、それらを保護する役割を担っています。

分かりやすく言えば「フタ」。
乳液の油分により、皮膚の表面全体をバリアする事ができるようになります。

さきほどの化粧水の項目では、セラミドはフタと説明しました。
これは皮膚の組織内のバリアを張るという意味です。

MEMO

乳液は油により、皮膚の表面という一番外側をバリアするために塗るもの。

化粧水で保湿し、セラミドの蓋をする。
その後美容液で成分を肌に与える。

それらを逃さないようにするために乳液が存在します。

 

クリームの主な役割と効果

tigai2 化粧水、美容液、乳液、クリームの違い!塗る順番にも決まりがある

クリームは乳液と同じ役割がありますが、どちらかというと美容成分を多めのことが多いです。

ですからクリームを塗った後にさらに乳液を塗ってしまうと、過剰な油分となってしまい肌がベタベタになってしまうことがあるので注意が必要になります。

クリームは乳液と美容液のいいとこ取りのアイテム。

 

塗る順番を把握しよう!

上記で説明した化粧水や美容液、そして乳液などを正しく塗ることで、その美容効果を最大に発揮させることができます。

STEP.1
まずは化粧水

まず一番初めに塗るべきは化粧水。

化粧水を塗ることにより肌に潤いを与え、それが肌の基礎となるからです。
また、この時にセラミド化粧水であれば、肌の水分量長く保つことができます。

STEP.2
美容液

化粧水で肌に潤いを与えて基礎を作った後は、美容液。
この美容液の工程は必須という事ではありませんが、自分の肌に足りない成分があるのであれば、化粧水の次に美容液を塗ります。

STEP.3
乳液またはクリーム

化粧水と美容液を塗ったら、油分が多い乳液やクリームで蓋をしていきます。

ここで注意しておかなければならないことは、乳液とクリームを同時に塗るのは避けるべきということです。
これはさきほども行ったように過剰油分になってしまうからです。

また、美容液の有効成分とクリームの有効成分がかぶってしまう場合は、美容液は省いてクリームだけで良いでしょう。

 

肌の状態別に解説

皮脂の分泌が少なく肌がカサカサの場合

化粧水+乳液

皮脂の分泌が少ないので、肌がカサカサ。
肌がカサカサということは当然肌の水分量も足りていません。

ですからこのときに、やるべきことは保湿。
ですからセラミド化粧水を塗って水分を与えていきます。

その後、油分の多い乳液でフタをして完成です。

 

乾燥はするが適度な油分がある場合

化粧水orクリーム

乾燥は感じるけれども適度な油分が肌にある場合は、セラミド化粧水のみで OK です。

この場合に乳液を使用してしまうと、油分が多くなってしまいニキビなどのトラブルを招いてしまう可能性があります。

また、化粧水で様子を見て、少し油分のバリアが足りないと感じたら、セラミドが配合されているクリームのみを使用するということも良いでしょう。

 

水分はあるが肌の衰えを感じる

「美容液+乳液」or「美容液+美容クリーム」

この場合、化粧水はつけてもつけなくても良いです。

導入液がある場合はそちらを優先しましょう。
ない場合は化粧水で土台を作った方が良いです。

その後は美容液またはでエイジングケアをし、乳液でフタをします。

また、美容液と美容クリームのフタという組み合わせでもOKです。

 

目元の乾燥しわが気になる場合

セラミド化粧水

このときは、とにかく乾燥を防いがなければならないので、セラミド化粧水は必須。

乾燥しわはその名の通り、乾燥でパリパリになっているのが原因なので、すぐさま保湿をしましょう。

その後は、状態により乳液やクリームを足していくのがベスト。

 

まとめ

このように化粧水や美容液は、ただ単に塗れば良いというものではなく適切な順番というものが存在します。

自分に足りないものを与えるというのが美容ケアですから、やはりスキンケアをする以上、恩恵は最大限に受けたいですよね。

正しい順番で美容ケアをする事により、成分を逃さないようにする事ができます。

必ず正しい順番で化粧水や乳液を塗ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です